外国人のためのイタリア文化とイタリア語学校
古書、デザイン、紙の修復
「芸術のフィレンツェ」

古書、デザイン、紙の修復コース

アンティークの本、デザイン、文書の修復は、「私たちの記憶」と美術的遺産を守り、保存していくための大きな重要性があります。

修復は、初期のマニュスクリプト、文書、デザインなどに記されたものの高い価値を保全する必要性から生まれました。初めのうちは、羊皮紙は非常に耐久性が高く、長期間にわたって使用が可能なものであったこともあり、修復作業はごく経験的なものであり、頻繁には実践されていませんでした。さらに、作品の破損が著しい場合には、オリジナルを修復するよりも、コピーを作るほうが好まれていました。ルネサンス時代に、古典期のテキストの文献学的な再発見により、このようなアプローチに変化が生じ始めました。

18世紀に、化学と修復の処方手引きの出現により、修復作業のための新たな技術が確立されました。文書からシミを除去したり、インクを鮮やかに蘇らせることは、この時代に確立された典型的な技術です。しかし本当の保存修復のためのコンセプトの登場には、私たちの時代を待たなければなりませんでした。今日では、失われた部分を書き加えたり、古い破損したカバーを新しいカバーに変えたりしません。古書は記されたメッセージを伝えるためのただの容器ではなく、職人文化が生み出した手作りの作品であり、装丁、金や銀による線細工、彫刻、印刷文字、製紙、冊子綴じ、そして作業に用いられる道具が集積されたものなのです。

プログラム

  • 紙についての簡単な歴史。
  • 修復と保存の技術。
  • プロジェクトカードの準備。
  • 個別のプロジェクトカードの作成。
  • 修復作業の実践(クリーニング、裁断、破れ、差し込み、縫いの技術)。
  • 保存の方法、カバーの制作。
  • サンプルの紹介と実行。

料金

24時間ごと 750
お申し込み 50

全てのコース開始日でのお申し込み時の料金

本の修復:
コースは最低4週間、48時間

コース開始日

2019 2020
1月 7, 21日 7月 8, 22日
2月 4, 18日 8月 5, 19日
3月 4, 18日 9月 2, 16, 30日
4月 1, 15, 29日 10月 14, 28日
5月 13, 27日 11月 11, 25日
6月 10, 25日 12月 9日

イタリアの祝日 2019:
4月 2日, 4月 25日, 5月 1日, 8月 15日, 11月 1日.

1月 7, 20日 7月 6, 20日
2月 3, 17日 8月 3, 17, 31日
3月 2, 16, 30日 9月 14, 28日
4月 14, 27日 10月 12, 26日
5月 11, 25日 11月 9, 23日
6月 8, 22日 12月 7日

イタリアの祝日 2020:
4月 22日, 4月 25日, 5月 1日, 6月 24日, 8月 15日, 11月 1日.

「芸術のフィレンツェ」のコースの申込金

材料費は料金に含まれていません。コースの初めに取り決めさせていただきます。

24時間のコースを、2週間あるいはそれ以上に分けて開催します。

コースはイタリア語で開催されます。

申込金は一年間有効で、滞在の斡旋、アクティビティ、必要な教材と各種証明書が含まれます。